長野県上伊那郡中川村

長野県の地図その1
長野県の地図その2 長野県の地図その3
長野県の地図その4

中川村は、昭和33年3月31日に天竜川東の南向村、天竜川西の片桐村が新市町村建設促進法により合併調印を完了し、昭和33年8月1日より中川村として発足しました。

上伊那郡の最南端に位置します。上伊那郡飯島町、駒ケ根市、下伊那郡大鹿村、下伊那郡松川町と接しています。

総面積76.73平方キロ 世帯数1,512世帯 男性2,753名 女性2,914名 の村です。

中央アルプスと南アルプスを一望でき、村の中心を諏訪湖を源とする天竜川が清らかに流れ、四季の花々やリンゴ・梨などの果実に恵まれています。

村の木は、発展する未来を象徴するようにと「ひのき」、村の花は、人と人との和と自然の美しさを表す「うちょうらん」が昭和53年7月4日に制定されました。


  檜   うちょうらん  

☆アンケートにお答えください☆

「ふるさと」のページに移る

TOPページに移る